「ラグビートップリーグ」について

2020年1月17日


先週末にラグビートップリーグ2020年が開幕しました。
私は「神戸製鋼コベルコスティーラーズ」のファンで長年にわたり見ていますので、開幕戦を見に行きました。
場所は神戸総合運動公園ユニバー記念競技場でした。
神戸市の西のはずれにあり、静岡からだと車で休憩をはさみながら片道5時間ほどかかるため1泊2日で行ってきました。
私は2019年の開幕戦も見に行っておりますが、その時は観客席がガラガラでした。
今回は昨年のラグビーワールドカップの日本代表が強かったことと、神戸製鋼には日本代表の選手も複数名いました。
私が強く注目する選手は、テレビによく出ていた中島イシレリ選手や山中亮平選手ではなく、司令塔であるスタンドオフの「ダン・カーター」選手です。
この選手はとてもすごい選手で、4年前のワールドカップでニュージーランド「オールブラックス」のスタンドオフで出場し見事優勝しました。
このような選手がチームにいることが反則に近いような状況です。
今回の相手チームは「キャノンイーグルス」で、ファンの方には申し訳ないのですがそんなに強いチームではありません。
このチームにも日本代表の選手が2人がいます。
パレード中ずっと泣いていてテレビで有名になった「田中史朗」選手と、ダン・カーター選手と同じポジションの「田村 優」選手がいます。
このように両チームでオールスター勢揃いのような試合となりました。
そのため、今回の観客席は大勢の観客で埋め尽くされました。
今までの経験で試合開始2時間前くらいに行けば競技場に車を止められるだろうと高をくくっていました。
しかし競技場の1km手前くらいから車がまったく動かず、競技場の駐車場には止められませんでした。
そこですぐに諦めて車を引き返し、電車で1つ手前の駅の近くに車を止め電車で競技場へ向かいました。
私の席はメインスタンド向かい側の2階席、それも上の方で選手が豆粒くらいにしか見えませんでした。
試合内容は昨年の優勝チームである神戸製鋼がトリプルスコアの50-16で勝ちました。
今回、ワールドカップやテレビでこのトップリーグが盛り上がったことがとても嬉しかったです。


本日の発言者:A.S
本日の発言時間:3分40秒


« 「お勧めのランチのお店」について | ホーム | 山陰の今年の雪 »

このページの先頭へ