「筋トレあるある① ~筋トレの目的と基本~」について

2020年8月6日


1.「筋トレの目的」は次のような感じではないでしょうか。
 ①筋力向上のため:スポーツ選手など
 ②筋肥大のため:筋肉を大きくするトレーニングをしている
         ボディビルダーなど
 ③ダイエットのため:カロリー制限や脂肪燃焼のトレーニングをしている
           モデルなど
 ④健康維持のため:心肺機能の向上などを目的とした高齢者やリハビリ中の
          方など
2.「筋トレの基本」です。
ここでは2つ上げますが、これ以外にも食事管理や生活習慣が大切です。
 ①遅筋繊維と速筋繊維
  ・遅筋繊維:持続的な筋肉で赤筋(せっきん)ともいわれる
   例)マラソン選手の足の筋肉
     マラソン選手の足は細いですが、ランニングなど長期的な
     トレーニングでは筋肉は大きくなりません。
  ・速筋繊維:瞬発的な力を発揮する筋肉で白筋(はっきん)ともいわれる
   例)短距離選手や競輪選手の足の筋肉
     瞬発的な力を発揮するためこの筋肉を大きくしています。
 ②レップ数で効果が変わる(1レップとは筋トレ1回のこと)
  ・1~3rep  神経系回路が向上しやすい
  ・4~7rep  筋力アップに効果的
  ・8~14rep 筋肥大に効果的
  ・15rep以上 筋持久力の向上
  回数が上がるほど遅筋繊維に効果的です。
  自分がどういう体になりたいのかをイメージしてrep数を考えて
  トレーニングすることが必要です。
3.「筋トレあるある」です。
 ①筋トレをしている時間より、休んでいる時間の方が長い。
  筋トレを始めた時に思ったのですが、筋トレにはインターバルが
  あります。
  1回の筋トレ動作をした後に2分くらいインターバルを取るため、
  実際に筋トレをしている時間よりもインターバルで休んでいる時間
  の方が長く感じました。
 ②「今日、何の日?」と聞かれると今日トレーニングする部位を答える。
  筋トレには「全身法」と「分割法」があります。
  全身法は1回のトレーニングで色々な部位を行うことをいい、
  分割法は胸、肩、腕などの部位ごとにわけで行うことです。
  その分割法でトレーニングを行っていると「今日は胸の日」
  「明日は足の日」などと分けるためこのような会話になります。


本日の発言者:H.S
本日の発言時間:5分20秒


« 「戸別訪問で見つけた地名」について | ホーム | 「家族がPCR検査を受けたこと(結果は陰性)」について »

このページの先頭へ