「東京オリンピックで活躍を期待している選手」について

2020年8月3日


本来であれば、すでに東京オリンピックが開催されています。
しかしコロナウイルスの影響で来年に延期となりました。
そのような中で私が注目しているのは「佐々木朗希(ささきろうき)」選手です。
彼は高々と足を上げる投球フォームが印象的な、高校卒業間もないプロ野球選手です。
私がこの選手を知ったきっかけは、佐々木選手が高校2年生の頃に出ていたある記事を目にしたからです。
彼は日本一の呼び声が高い「大阪桐蔭高校」のスカウトを断り、地元である岩手の高校に進学しました。
その理由が「東日本大震災で被災した地元岩手をみんなで盛り上げたいから」だったそうです。
そんな彼の魅力はなんといっても160km/hを超えるストレートです。
佐々木選手は日本歴代2位の163km/hという記録を持っています。
この記録を出したのが当時高校3年生、17歳の時でしたのでとても衝撃的でした。
この辺りのお話しは野球に興味がない方にとっては、少し退屈となってしまうかもしれません。
高校生で160km/hというと、アニメ「MAJOR(メジャー)」の主人公「茂野吾郎(しげのごろう)」が156km/h、同じく「ドカベン」の「中西球道(なかにしきゅうどう)」が160km/hです。
このことからも分かるとおり、本当にマンガのようなすごい選手が出てきたという印象でした。
佐々木選手はまだ高校卒業間もないため、今年のオリンピック出場は間に合わないと思っていました。
しかし来年に延期ということで、今年の活躍次第では来年のオリンピック出場が可能なのではないかと思っています。
世間はコロナウイルスで暗いニュースばかりですが、佐々木選手を始め若い選手の成長の期間と前向きに捉えながら来年のオリンピックを楽しみに待ちたいと思います。
そして地元岩手を盛り上げたように、暗い日本や世界をその豪腕で盛り上げて欲しいです。


本日の発言者:T.G
本日の発言時間:2分30秒


« 「コミケと著作権」について | ホーム | 「戸別訪問で見つけた地名」について »

このページの先頭へ