「実家あるある」について

2020年1月26日


私は一人暮らしが長く、2歳年下の弟も実家を出て会社の寮に住んでいるため、実家には父と母、祖母の3人しか住んでいません。
そこでたまに実家に帰った時に感じる「実家あるある」を3つ紹介したいと思います。
①ダイエットグッズが増えている
 エアロバイクに始まり腹筋を補助する器具、ステップをする器具、足を開閉
 する器具、メカニックな縄跳び等々、帰る度にやたらと新しい器具が増えて
 います。
 しかしその効果は一切見受けられません。
②冷蔵庫の中身が地味
 「地味」というと語弊があるかもしれませんが、若い世代がいないためか
 健康志向が高めなものが多いという印象です。
 例えば、煮物やおひたし、お新香、ひじき、刺身こんにゃくなどです。
 そのため実家に帰った際、何か食べたいなと思い冷蔵庫を開けても、あまり
 心惹かれるものがありません。
③写真が増えている
 おそらくは母だと思いますが、子供がいなくてやはり寂しいのか私と弟の
 幼少期の写真をアルバムから引き剥がし写真立てに入れ至る所に飾ってい
 る状況がここ数年続いています。
 私の成人式の写真にいたってはなぜか3枚くらいあり、弟は赤ちゃんの頃
 が可愛かったためその頃の写真がたくさん飾ってあります。
 恥ずかしいので一刻も早く片付けて欲しいと毎回思っています。
以上、3つ紹介しました。
今まで子供達と一緒に住んでいた家で子供達がいなくなってしまうと、家も少し活気がなくなってしまうのかなと思いました。
現在子育てされている方も多いと思いますし、忙しい毎日を送っている方も多いと思います。
子供や若い方がいる家庭は騒がしいくらいがちょうど良いのかなと思いました。


本日の発言者:M.K
本日の発言時間:2分50秒


« 「以前住んでいた場所で経験したこと」について | ホーム | 「絵本の読み聞かせ」について »

このページの先頭へ