「本の紹介(ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断)」について

2019年12月28日


年末の大掃除も先週くらいから始めていて、本棚の整理をしていた時に懐かしい本を見つけたので紹介します。
「ヒツジで終わる習慣、ライオンに変わる決断」という自己啓発本です。
私がこの本と出会ったのは6、7年前で、娘が中学生の時です。
当時、娘は不登校になっていて学校を休みがちでした。
その時、私が勤めていた会社の先輩が勧めてくれたのがこの本です。
「この本、娘さんに合うと思うよ」と私物の本をわざわざ譲ってくれました。
この本は人の性格や行動などを「ヒツジ」と「ライオン」に例えて書かれています。
『ヒツジとは、何かあるたびに群がって結局何も成し遂げられない人。
 ライオンとは、いたずらに群れずに物事を成し遂げようとする人。
 どちらの道を選ぶか、すべてはあなた次第です。』
これがテーマとなっています。
中を開けてみると短い文章でとても読みやすく書かれています。
例えば見開きの右ページに
『ヒツジは自分の自慢をする。
 ライオンは上司と部下の自慢をする。』
と書かれています。
そしてこの言葉に対する解説や筆者の考えなどが左ページに書かれています。
今日は時間の都合もありますので、解説は紹介せずにいくつかの言葉を紹介します。
『ヒツジは原因を外に探す。
 ライオンは原因を内に探す。』
『ヒツジは会社から給料をもらっていると思っている。
 ライオンはお客様から給料をもらっていると思っている。』
『ヒツジは夢を語り続けて人生を終える。
 ライオンは夢を紙に書いて一歩踏み出す。』
私としてはヒツジが当てはまる事が多いですが、皆さんはいかがでしょうか。
娘は「この本は私を変えてくれた」と言っています。
特に最後の『ライオンは夢を紙に書いて一歩踏み出す』という言葉が気に入っているようです。
私も夢とまではいきませんが、来年の初めに一年の目標を紙に書いて心がけて行きたいと思います。


本日の発言者:K.O
本日の発言時間:3分20秒


« 「年末年始の過ごし方」について | ホーム | 「我が家に『IoT』がやってきた」について »

このページの先頭へ