「趣味である釣りと料理」について

2019年10月1日


私は年に何回か御蔵島(みくらじま)へ釣りをしにいきます。
三宅島(みやけじま)に宿泊し、温泉に入り、料理を食べてまた釣りをして帰るという日程です。
よく釣れる魚は「真鯛」です。
先週末に行った際に釣れた真鯛は、大きい物で83cm、62cm、50cmと釣れて他の魚と合わせて全部で25枚釣り上げました。
家で食べたのは1枚で、残りは近所や友人へ配りました。
「イサキ」もたくさん釣れます。
我が家では「なめろう」にすることが多く、また「塩焼き」にして食べます。
塩焼きの方法は2種類あります。
1つ目は鱗がついたまま魚焼きグリルで焼きポン酢で食べる方法です。
2つ目は鱗を取りフライパンでオリーブオイルと香草、塩で焼く方法です。
私としてはフライパンで香草焼きにするのが好きです。
「甘鯛」は普段そんなに釣れない魚ですが、この日はたくさん釣れました。
こちらは鱗をつけたまま高温の油で揚げる「松かさ揚げ」と、ムニエル、酒蒸しが美味しいです。
「連子鯛(れんこだい)」は小さいものはお吸い物にすると美味しいです。
大きい時は鯛飯にしたり、押し寿司にしてよく食べます。
「アカムツ」は、山陰地方では「ノドグロ」と呼ばれ有名だと思います。
なかなか釣れない魚ですが、この日はたくさん釣れました。
やはり煮付けが美味しいですし、刺身や炙りにしても絶品です。
「アラ」は刺身も美味しいですが、私は「しゃぶしゃぶ」や鍋にするのが好きです。
「ユメカサゴ」を我が家ではアクアパッツァにすることが多いです。
アクアパッツァはトマトとアサリで煮込むことが多く、我が家では「アメーラトマト」という少し高価なトマトを使います。
食べた後の残ったスープにチーズとご飯を入れて雑炊にするとダシが出て大変美味しいです。
この日は「アコウ」もたくさん釣れました。
我が家では鍋にすることが多く、またホイル焼きも美味しいです。
「ヤリイカ」はこれからが美味しくなるシーズンですので楽しみです。
釣れた日に食べる場合は「イカソーメン」にするとコリコリとして美味しいです。
翌日は甘みが出てくるため、そぎ切りして刺身で食べます。
また小さいものは魚焼きグリルで丸焼きにするとイカスミの味がでて美味しいです。
ただ、一番美味しいのは釣れたその場で食べることです。
「太刀魚」もこれから美味しいシーズンになります。
塩焼きと煮付けが定番ですが、我が家では三枚おろしにして炙りか刺身、しゃぶしゃぶにします。
他に大葉と梅肉で巻きフライにすると美味しいです。
まだまだありますが、色々な魚を釣り食べ方を研究して楽しみたいと思います。


本日の発言者:蒔田大寿
本日の発言時間:5分40秒


« 「私の趣味『囲碁』」について | ホーム | 「静岡で『日本一』と聞いたら何を思い浮かべますか?」について »

このページの先頭へ