「ラグビーワールドカップ」について

2019年9月3日


今日は9月20日から開催される「ラグビーワールドカップ」についてお話しします。
私はラグビーを経験しているため、あらゆるスポーツイベントの中で一番テンションが上がるのがラグビーワールドカップです。
ラグビーワールドカップはサッカーワールドカップやオリンピックに比べるとまだまだ歴史が浅く、第1回大会が開かれたのが1987年で今回が9回目となります。
過去の優勝国はラグビー王国のニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、イングランドの4ヶ国です。
今までのワールドカップはこのような国々や、他にフランス、イギリスのウェールズ地方などで開催されておりました。
今回はこれらのような強豪国や伝統国以外で開かれる初めての大会となります。
日本代表は過去すべての大会に出場しています。
しかし前回大会が始まるまではわずか1勝しかしたことがありませんでした。
数ある敗戦の中で、ニュージーランドに対して「17対145」という記録的な惨敗を喫したこともありました。
ほとんどすべての試合をテレビで観戦してきた私のように負け癖のついてしまったラグビーファンは、前回大会で優勝候補の南アフリカを倒した試合なども、お揃いのユニフォームを着てスポーツバーに繰り出すような習慣はなく、自宅でヨレヨレのTシャツでビールを片手に観戦していました。
勝った瞬間はもったいないなと感じましたので、今回はチケットは持っていませんがパブリックビューイングなども開かれるようなのでそちらへ足を運んでみたいと思っています。
ラグビーはなかなかルールが複雑で馴染みがある方は少ないと思います。
今回は強いチームが日本に一堂に会して試合をしますので、スポーツ好きな方は見ていただきたいと思っています。

発言者の名前山﨑岳彦本日の発言者:山﨑岳彦
本日の発言時間:2分30秒


« 「職場以外で受ける印象」について | ホーム | 「加圧トレーニング その2」について »

このページの先頭へ