「尿酸値 ~痛風になる前に~」について

2019年8月23日


「尿酸値」と聞いてドキッとする男性は多いと思います。
「痛風」は女性はかからないという都市伝説のようなものを信じて、今まで私は暴飲暴食をしてきました。
「尿酸値」という言葉をまったく意識していませんでした。
6月の定期健診で尿酸値が高くなっているといわれ、あと0.1数値が上がったら薬で治療しようといわれました。
痛風になると治らないと周りから聞いたことがありましたので、これは大変だと思い尿酸値が上がる理由を調べてみました。
・お酒
・プリン体
・ストレス
他にもあるようですが、大きな要因は以上の3つです。
そこで私は、プリン体が多い食べ物を調べました。
・魚卵(いくら、明太子、白子)
・内臓系(レバー、あん肝)
・干物(魚、椎茸、エビ、煮干し、鰹節)
・魚介(かつお、真アジ、牡蛎、エビ)
・とんこつスープ
魚卵や内臓系の食べ物は、お酒を飲むとどうしても食べたくなってしまいます。
ラーメン好きな方は気をつけていただきたいですが、とんこつスープにはプリン体が多く含まれているそうです。
次に、尿酸値を下げる方法を調べてみました。
・肥満を解消する
・食事療法
・水を飲む
・牛乳を飲む
最近ちょっと太ってきたと感じていましたが、1年半でかなり体重が増えたことを病院で指摘されましたのでそろそろダイエットをしようと思いました。
食事については、野菜や大豆など食物繊維の多い食べ物を中心にとるといいそうです。
お水には利尿作用を促し、血液にプリン体が混ざらないようにするそうです。
牛乳は特に低脂肪牛乳がいいそうです。
私は尿酸値を下げるため、気がついた時に牛乳を飲んでいました。
週に2、3回くらいでしたが、それでも2ヶ月くらいで0.5も数値が下がりましたので毎日飲もうと思いました。
尿酸値が気になる方にはお勧めします。

発言者の名前佐久間加代子本日の発言者:佐久間加代子
本日の発言時間:3分30秒


« 「最近購入してハマったもの」について | ホーム | 「座右の銘」について »

このページの先頭へ